赤色の塗料がピンク色に?!

このコラムをカタカタ作成している本日は
気温19℃!にして天候雨!のムシムシの1日です…ε=(・ε・`;A)

今日はそんな、雨に関するお話…。

ある日、モリエンに1本の電話が入りました。

プルルル…♪~♪~♪

モリエン「はい、モリエンです!」

職人さん「あ、こないだもらった赤色の外壁材やけど、
雨でピンクになるんやけどそんな事例ある?」

………(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!?!?!?!

聞けば、12月頃にビルの外壁を
微弾性フィラー+水性外壁材の赤色で塗装。
その後、お施主様より雨がふった後にピンク色に見えると
ご指摘が入ったとのことでした。

メーカーさんに原因を確認すると、
【 水性塗料の塗膜硬化不足による白ボケ!!! 】とのこと。

これは…???

詳しく聞くと、

「ごくまれに起こる水性塗料の宿命の現象。
水性塗料は本当に塗膜が完成するまで半年はかかる。
その間に強い雨に打たれて樹脂と樹脂の結合部に水分が入ると、
光の屈折によって白ぼけて見えるので赤がピンクに見えたんだと思う。」

12月の塗装で、まだ完全には塗膜が形成されていなかったために
起こったトラブルだということでした…。

今回の事例は、雨による汚染ではなかったので
晴れて塗膜に入り込んだ水分が蒸発すると
またもとの色に戻るといった状況でした。

すぐに対処するには、弱溶剤系の別塗料の同じ赤色で塗り替えるか
元色に戻ったタイミングで、上から弱溶剤系のクリヤーをかける!
この2つの方法がございます。

【 本日のまとめ 】
濃い色、鮮やかな色を塗装する際は
「弱溶剤」のペンキを使っていただくことをオススメします!!

う~~~ん、今日も勉強させていただきました(~-~)

冬の気温が低いこの時期、水性塗料だけでなく
硬化不足にはお気を付け下さいませ!!

 

 

インスタグラムもやっています♪

 

https://www.instagram.com/morien1116/

 

 

創業100年のペイントディーラー

ペンキ屋モリエン

TEL:0120-39-1116

FAX:078-891-8818

メール:shop@morien.com