ペイント前に準備するものリスト!

「ペイントはしてみたいけど、
何を準備すればいいかわからないから第一歩がなかなか踏み出せない、、」

いざペイントをするぞ!とホームセンターに足を運んでみたはいいものの、
「何を買えばいいかわからない!!(広いホームセンターをうろうろ、、)」
こんな経験、ございませんか?

家に帰って作業をはじめてから「あっ、あれも買っておけばよかった、、、、」
なんてことにならないよう、ペイントの前に用意する道具をチェックリスト形式でまとめました!

職人さんになった気分で道具集めも楽しみましょう!

 

※ここではリビングの壁をペイントする場合の道具を想定しています!

 

□ペンキ

 

ペンキの選定を間違えてしまっては大変です。
完成イメージに合った色、塗る面積にちょうどいい量、などなど、
慎重におえらびください。

室内壁におすすめペンキはこちら!

1488色から欲しい色が見つかる! Hip

 □刷毛

壁の隅や床との境目を塗るときに使用するのが刷毛です。

たくさん種類があり、大きさや毛の種類もさまざま
使用するペンキに合ったものを選びます。

ご購入はこちら↓

水性塗料用刷毛

□ローラー

広い面を一気に塗りあげるローラー。ペイントといえばローラーをコロコロしている
つなぎを着たおじさんの絵がまっさきに浮かぶのは私だけでしょうか?
刷毛同様ローラーにもさまざまな種類があります。

ご購入はこちら↓

ピナクルローラー

□バケット(ペンキを入れる容器)

 

「ペンキが入っていた缶から直接塗ればいいんじゃないの?」
と、はじめてペイントをする前の私は思っていました。。。

しかし!ペンキの缶から直接ではかなり作業性が悪いんです!
持ち手がないから持ち運んで塗れない、ローラーが缶の中に入らない、、、など問題がたくさん。
ですので、このアイテムは必需品なんです!
バケットにペンキを注いで使用することでストレスなくペイントすることができますよ~

ご購入はこちら↓

バケットセット

□バケットカバー

バケットにつけるカバーです。
これがあれば後片付けも楽々。
違う色を塗りたいときにバケットが1つしかなくてもカバーが2枚あれば
ペンキの色変えも簡単にできてしまいます。

ご購入はこちら↓

バケットセット

□バケットネット

ローラーや刷毛のペンキをこしとる道具で、バケットに装着して使用します。

ご購入はこちら↓

バケットセット

□マスキングテープ

塗りたくない面をこのテープで丁寧に養生していきます。
これが意外と難しい作業なんです!でもコツさえつかめばきれいにできますよ~!

 

ご購入はこちら↓

マスキングテープ

□マスカー

ガムテープにビニールシートがついた優れもの!
これで広い面を一気に養生していきます。

ご購入はこちら↓

マスカー

□ペイントうすめ液(水性塗料の場合は水道水でOK)

 

塗料には大きく分けて水性塗料と油性塗料があります。
塗りやすくするために水性塗料は水道水を、油性塗料はペイントうすめ液を適量いれて
のばしてから塗ります。
塗料によってはうすめずにそのまま塗れるものもあります。

□床用養生シート(なければ新聞紙)

ペンキを踏んだ足で気づかずにお部屋を歩き回ってしまい、床が大変なことに!!
お子様やワンちゃん猫ちゃんがいるご家庭ではさらに大変です!

それを防ぐために床に新聞紙やポリシートを敷き詰めます。
塗装用のシートは滑りにくい加工もしてあるので安全です。
新聞紙でも代用可能ですが、、
うっかりペンキを大量にこぼしてしまったら床まで染み込んでしまうかも。。

ご購入はこちら↓

すべら~ずエコグリーンシート

布シート

□脚立

高いところを塗るために必要です。

□ラップ

1回目塗りと2回目塗りの乾燥時間中、ローラーや刷毛にラップを巻いておくと、ペンキが乾いてしまうのを防げます!

□マイナスドライバー又は缶オープナー

ペンキ缶のふたを開けるのに使用します。

□プラスドライバー

コンセントカバーをはずすときに使用します。

□ティッシュペーパー

ちょっとしたところについてしまったペンキをすぐに拭けるようにしておきましょう!

□軍手

無くても問題ありませんが、あると便利です!

□ゴミ袋

塗装中も、養生をはがした後もたくさんゴミが出ます。

植物由来の油が主成分の自然塗料等の場合は、絶対に塗料を拭いた布やティッシュペーパーを重ねて捨てないでください。

油が酸素と反応して、熱を発し、自然発火という現象が起きることがあります。

自然塗料を含んだ紙や布は一度、水に浸してから捨ててください。

 

まとめ

以上のものをそろえていただければ、ペイントの準備は完了です!!!
もちろん、このほかにも便利な道具がたくさんあります。
狭いところを塗る道具、高いところを塗りやすくする道具、刷毛やローラーにもさまざまな種類があります。
はじめては本日紹介した、最低限の道具ではじめてください。
次からは、はじめてのときより道具の使い方がわかっているので、選ぶのも楽しくなりますよ。
「これは!」と思った道具をどんどん試してみてください。

ホームセンターでそろえるのもいいかもしれませんが、結構な量なので、
インターネットで購入するのもひとつの手です!

 

 

インスタグラムもやっています♪

 

https://www.instagram.com/morien1116/

 

 

創業100年のペイントディーラー

ペンキ屋モリエン

TEL:0120-39-1116

FAX:078-891-8818

メール:shop@morien.com