1液型塗料と2液型塗料

塗料は、1液型塗料と2液型塗料の大きく分けて2つのタイプの塗料があります。
1液型と2液型について説明いたします。

2液型塗料とは?

2液型塗料とは、主剤(塗料液)硬化剤の2つの液を指定の比率で混合して使用する塗料です。頑丈な塗膜を形成することができ、主に1液型より性能が高いものが多いです。

1液型塗料とは?

一方、1液型塗料とは、1つの缶の中に塗料液と硬化剤を反応が進まないように工夫して詰めてあるため、混合作業が要らない塗料です。
シンナー等で薄めるだけで使用できます。主剤と硬化剤との混合作業が不要となり、2液型と比べて性能は劣りますが作業効率がとても良いです。

簡単に説明すると・・・

★1液型は、使いやすい。
★2液型は、使いにくい。(種類によっては、性能に優れる。)

1液型2液型
メリット・手間のかかる混合作業がない
・硬化不良がない
・高性能
・混合しなければ長期保管◎
デメリット・2液型より性能が劣る
・一定期間で使えなくなる
(長期保管はできない)
・混合作業が手間
・硬化不良のリスクがある
・混合後の保管は不可
  • 使い方

  • 2液型の方が高性能

  • 高性能だが、扱いは難しい2液型

 

創業100年のペイントディーラー ペンキ屋モリエン

TEL:0120-39-1116

FAX:078-891-8818

メール:shop@morien.com

 

インスタグラムもやっています♪

https://www.instagram.com/morien1116/